東京慈恵会医科大学 泌尿器科

Language

泌尿器科疾患について

  • 男性
  • 女性

尿路感染症

1.尿路とは

尿は左右2つの腎臓でつくられ腎臓のなかの腎盂というお部屋に集められます。そして、尿管という細い管を下って膀胱に溜まり尿道から体の外に出されます。この尿の通り道を尿路といいます。

2.尿路感染症とは

尿路に細菌が住み着き、増殖して炎症をおこしたものを尿路感染症といい、感染症の場所によって膀胱炎と腎盂腎炎に分類されます。細菌は尿道の出口から侵入し、膀胱に達し膀胱炎をおこします。膀胱の細菌が尿管を上に登って腎盂に達しで増殖すると腎盂腎炎をおこします。

尿路に結石やがんがあるようなときにおこる尿路感染症を複雑性尿路感染症といいます。このときには結石やがんの治療をおこなわないと尿路感染症だけを治療しても尿路感染症が再発しやすい状況となります。これに対して、尿路に結石やがんなどの病気がないときにおこる尿路感染症を単純性尿路感染症といいます。

さらに、尿路感染症は急に発病して症状が強い急性尿路感染症と、徐々に発病して症状はそれほど強くない慢性尿路感染症にも分けられます。一般に単純性尿路感染症は急性尿路感染症、複雑性尿路感染症は慢性尿路感染症であることから急性単純性尿路感染症と慢性複雑性尿路感染症に分けられます。各々膀胱炎と腎盂腎炎がありますので、表に示すような分類になります。

表) 尿路感染症の分類
急性単純性尿路感染症 急性単純性膀胱炎
急性単純性腎盂腎炎
慢性複雑性尿路感染症 慢性複雑性膀胱炎
慢性複雑性腎盂腎炎

3.どのような細菌でおこるのか

急性単純性尿路感染症の原因の80%は大腸菌で、残る20%は尿の出口付近に常に住み着いている細菌によっておこります。この大腸菌は食中毒の原因として騒がれたことがあるO-157とは違う種類の大腸菌です。慢性複雑性尿路感染症の原因ではやはり大腸菌が30%と多いのですが急性単純性尿路感染症ほど多くはなく、残りの70%は弱い細菌によるものです。一般に大腸菌は治療薬である抗菌薬で殺菌されやすいのですが、慢性複雑性尿路感染症の原因の70%を占める弱い細菌は抗菌薬によって殺されにくい、つまり治りにくい傾向があります。

4.どのような症状なのか

膀胱炎では、尿をするときに尿道や膀胱に痛みを感じる(排尿痛)、尿をした後も尿が膀胱に残っている感じがする(残尿感)、尿が近い(頻尿)、尿が濁る(尿混濁:これは細菌が尿にたくさん存在するためではなく炎症のために出てきた白血球が多く存在するためのものです)といった症状がありますが、発熱はありません。炎症が非常に強く、膀胱がひどくただれているときには尿に血が混じることもあります(血尿)。
腎盂腎炎では、腎臓の部分(腎臓は背中側で背骨の左右にあります)の痛みと発熱があります。発熱は38℃以上の高いものがほとんどです。炎症がつよいとやはり血尿がみられることもあります。

5.どのような手順で検査がおこなわれるのか

まず尿検査をおこないます。健康な方でも尿道の出口付近には細菌や白血球が存在することがありますので、尿検査では出始めの尿は便器に流し、途中からの尿を検査用のコップに入れることが大切です。これでも尿の出口の細菌や白血球が混じってしまう場合には細い管を直接膀胱まで入れて膀胱の尿をとって調べることもあります。
検査用にいただいた尿の中に白血球があるかどうかを顕微鏡で調べます。そしてさらにどのような細菌が尿の中に存在するのかを培養検査で調べます。顕微鏡の検査は急げばその日のうちに結果がわかりますが、細菌検査は3~5日ほどお時間がかかりますので、病院にいらした当日にお知らせできるのは尿の中に白血球が存在するのかどうかだけになります。
膀胱炎の症状があり尿の中に白血球があれば膀胱炎と診断します。発熱や腎臓の部分に痛みがあり、しかも尿検査で尿の中に白血球があれば腎盂腎炎と診断します。このとき担当医は左右の背中を叩きます。これにより右だけが痛ければ右の腎盂腎炎、両方であれば両側腎盂腎炎といったような診断を下すわけです。

6.どのような治療がおこなわれるのか

細菌を殺す抗菌薬が投与されます。腎盂腎炎で症状が強い場合には入院をしていただき点滴の抗菌薬を投与しますが、それ以外でしたら飲み薬で治療します。治療期間は膀胱炎で3日間、腎盂腎炎で7~14日間といったところです。治療が奏功すると症状は3日ほどでよくなりますが、渡されたお薬はすべて飲み切るようにしましょう。症状がよくなり途中でお薬を飲むことをやめてしまうと細菌が生き残りやすくなり、再発してしまうことがあるからです。

7.治療中の生活上の注意点は何か

住み着いた細菌を尿で流しだすことを目的として水分をたくさんとっていただきます。また、尿を我慢して膀胱にたくさんの尿が溜まっていますと、細菌はその尿の中で増えやすくなりますので、尿は我慢せずに頻繁にだしていただきます。腎盂腎炎では炎症を抑えるとともに細菌の増殖と炎症を抑えることを目的として腎臓のある部分を氷枕で冷やすことも大切です。

8.治療が奏功しないのはどのようなときか

細菌を殺す抗菌薬というものは、世の中のすべての細菌を殺すものではありません。お薬によっては殺すことのできない細菌があります。尿路感染症では原因として最も頻度の高い大腸菌を殺菌するお薬が選ばれます。したがって、渡されたお薬で症状がよくならない場合には大腸菌以外のお薬で殺されにくい弱い細菌が原因であることがあります。このことは治療が開始されて3~4日後ぐらいに判明する細菌検査で確認することができます。細菌検査ではどのような細菌であるのかという以外に、その細菌がどのようなお薬で殺されやすいのかということもわかりますので、最初のお薬が効かないときには細菌検査の結果をもとにより適切なお薬に変更するようになります。また、このようなときには尿路に結石やがんなどの病気が潜んでないかを明らかにする目的でレントゲン検査や内視鏡検査がおこなわれることもあります。

▲ページ先頭へ